点滴で少量の睡眠薬と麻酔薬を投与するため、検査中は意識がない。検査後は1030分ほどベッドで休み、目が覚めたら終了だ。スリーウェイシリンジ

 

 結果については後日、医師から説明があり、画像データも受け取ることができる。日をずらすのは、麻酔の影響で健忘症状が出やすく、結果を伝えても覚えていない人がいるからだ。超音波スケーラー

 

「麻酔は人によって効き目が異なるため、受診者の年齢や性別、体形を考慮し、量を調整します。まれに副作用で吐き気や頭痛を訴える方もいますが、それを除けばほとんどデメリットがない。受診者が苦しまないので、医師も結果的に丁寧な検査ができます」(豊島院長)

 

 記者も胃と大腸で数回、同クリニックにお世話になってきた。いつも無痛で終わるため、自(おの)ずと次回も検査しようという気になる。胃、大腸ともに内視鏡検査には保険診療が適用される。

 

 昨年の人口動態統計によると、がんの死亡数は肺に続き、大腸と胃が多い。

 

「胃がんは早期発見なら治癒が可能だし、大腸がんは、前がん病変のポリープを取ることで、かなりの予防ができる。怖がらずに検査を受けてほしい」(同)

http://jimolog.jp/393877/27388