北朝鮮による拉致問題を啓発しようと、バイオリニストの五嶋龍さん(29)が企画したチャリティーコンサート「プロジェクトR 拉致被害者を忘れない」が9月3日に開かれるのを前に、共演する医療系大学生らによる「交響楽団はやぶさ」とのリハーサルが27日、東京都内で行われた。スリーウェイシリンジ

 

 学生らは五嶋さんの演奏を真剣なまなざしで追いつつ、入念にリハーサルした。また、この日は政府の拉致問題対策本部の担当者が会場で講演し、「拉致被害者のご家族は今、この瞬間も帰国を待っている。北朝鮮は日本の世論を見ている。解決へ声を上げ、伝えていくことは重要だ」と訴えた。超音波スケーラー

 

 五嶋さんは「国民の生命を真剣に考え、拉致された日本の国民がいることを僕たちは忘れない。北朝鮮問題に立ち向かった学生たちの勇気を誇りに思う」などとコメントした。

http://jimolog.jp/393877/27387