8万円」。2008年に銀歯の詰め物が欠けて取れた時、ノルウェーの歯医者で言われた請求額だ。「なんだ、この国」と驚愕したのを覚えている。この国では、歯の管理は自分の責任。ノルウェー人も外国人も、歯科治療には原則保険はきかない。スリーウェイシリンジ

 

北欧の福祉制度というと、医療費が無料などのイメージがあるかもしれないが、ノルウェーでは歯科治療は高くつく。とある歯科クリニックのサイトによると、「費用が高い理由は、歯医者が最新機器最高レベルの技術を維持するため」だそうだ。超音波スケーラー

 

ノルウェーでは歯科診療は18歳までは無料。20歳までは公共の歯医者であれば自己負担は25%のみ。それからは、大人は全額負担となる。病気など特別な事情の際には一部のみ自己負担となるが、自分がケアを怠ったことによる虫歯などは全額負担。

 

全額負担する大人の年齢になるまで、子どもたちは歯の磨き方などを教わる。3才になると子どもたちは検診を受け、とある虫歯兄弟の絵本『カリウスとバクトゥス』を読み聞かせられて育つ。男の子の歯に虫歯兄弟が住みつく話なのだが、「歯を磨かないと虫歯兄弟がくるぞ!」と、強烈な記憶としてノルウェー人の脳みそに刻み込まれる。人気のこの絵本は劇場化映画化もされている。「早く寝ないと、お化けがくるぞ」的なノルウェー版虫歯教育ともいえるだろう。

http://jimolog.jp/393877/27298