参考人として出席した前川喜平前文部科学次官は加計学園問題を巡り、昨年9月9日に和泉洋人首相補佐官から、「総理は自分の口からは言えないから私が代わりに言う」などと学部新設を急ぐよう働きかけられたと訴えた。スリーウェイシリンジ

 

 前川氏はまた、和泉氏の発言について「加計学園のことだと確信した」として、改めて首相官邸側の意向が働いたとの認識を示した。超音波スケーラー

 

 和泉氏は前川氏と面会し、「スピード感を持って取り組むことが大事だ」と述べたことは認めたものの、前川氏から指摘された発言内容については「言っていない」と全面否定した。

 

 加計学園問題では、学部の早期新設は「総理のご意向」などと記された文書が文部科学省で見つかっている。内閣府で特区を担当した藤原豊前審議官は「文科省に『総理のご意向』と伝えたことはない。私の発言が趣旨と異なる受け止めを文科省に与えたとすれば残念だ」と語った。

 

 国家戦略特区ワーキンググループの八田達夫座長は、特区での学部新設を認定した経緯について説明した。八田氏は、首相から加計学園を優遇するよう意向が示されたことはないとし、「首相の友人と全く関係なく、議論してきたのは明らか。特区決定のプロセスに一点の曇りもない」と強調した。

http://jimolog.jp/393877/27294