人口520万人の国ノルウェーには正式に認可されている国立大学が現在8つ、専門技術を養う単科大学(準大学)と認定されている国営の教育機関が13ある。

 

ノルウェーでは大学名ではなく専攻科目が重要な肩書となる。入試試験はないが、高校の成績で入学できる学部学科が決定される。入学は日本ほど難しくはないかもしれないが、しっかりと勉強しないと単位がとれず、卒業するのは大変だ。スリーウェイシリンジ

 

19日に発表された大学カレッジ入学サービスのデータによると、全国の高等教育機関への入学志願者数は134330人。最終的に志願条件を満たしていた人は117488人。そのうちの80%である94101人が合格となった(昨年は81,6%)。第一希望の学科を通過した学生は55598人と全体の59%。(昨年は55415人と60,4%)。

 

今年も志願者数が多く、記録的な数の人が大学生となると現地では報じられている。超音波スケーラー

 

全国の大学で最も入学が困難だったのは、医学(オスロ大学、ノルウェー科学技術大学)、ベルゲン大学、トロムソ大学)、心理学(オスロ大学)、歯科学(オスロ大学、ベルゲン大学、トロムソ大学)、工業経済学(科学技術大学)など。

 

人気の高いオスロ大学への入学志願者数は18450人と昨年よりも4%の増加。11198人が入学を許可され814日より秋学期が開始される。

 

オスロ大学で最も志願者が殺到したのは、医学、心理学、歯科学、情報科学、法学、北欧言語と文学、臨床栄養学(大学院)など。オスロ大学の学生数は28000人。

 

医学などは以前から人気があるが、新たに設置された「情報科学:デジタル経済とリーダーシップ学」は注目が高く、従来のランキングに異例の仲間入りをした。

 

ベルゲン単価大学では看護学部が異例の人気を記録した。

http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000535327.html