113歳でむし歯発見、まだ治療はできなそうだし、乳歯のむし歯は抜けるまで様子見でOK

乳歯は将来的に抜けてしまいます。

そのため、定期的に歯医者さんでむし歯のチェックをしなくてもよい、あるいはむし歯になっても、年齢が小さいからわざわざ歯医者さんで治療しなくてもいいのかな、という疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれません。スリーウェイシリンジ

しかしながら、乳歯の下には永久歯が準備されています。

乳歯の神経にまで及ぶ大きなむし歯は、永久歯に影響を与える場合があります。

また生後6ヶ月3歳頃の生え始めの乳歯はまだ未熟な弱い状態で、むし歯も進みやすい特徴があります。

もしむし歯がみられた場合は、早めに歯医者さんの診察を受ける方が安心です。

 

2)乳歯を3歳頃に抜くことになったけど、このままで大丈夫?超音波スケーラー

乳歯は、永久歯が生えるためのスペースを保つための大切な存在です。

怪我や大きなむし歯で生え変わりの時期よりも早くに乳歯を失った場合、その次に生えてくる永久歯のスペースを保つ必要が出てきます。

「保隙装置」と呼ばれるスペースを保つ装置がありますので、歯医者さんに行って今後の方針をよく相談しましょう(※2)。

 

3)生後6ヶ月3歳はまだフロスは必要ないよね?

歯と歯の間のお掃除は、歯ブラシだけではなかなか届きません。

むし歯は噛む面だけでなく歯と歯の間にもできるため、たとえ乳歯であっても日々のケアが重要となります。特に、3歳ごろは第2乳臼歯が生えてきて、奥歯の歯と歯の間のケアが必要になる時期です。

小さなお口の中でも使いやすい子ども用フロスもあります。

最初は使いこなすのが難しいため、使い方を歯医者さんで聞いてみるのがいいですね。

 

いかがでしたか?

赤ちゃんや子どもの歯は、とても小さく守ってあげたいですよね。

歯が生えてきたときや、仕上げ磨きの際に気になる点があれば、歯医者さんで聞いてみましょう。数ヶ月に一度、定期的に健診を受けることもオススメします。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000535103.html