欠損した歯の見た目だけを治す方法はあるでしょうか? 歯の専門家にお聞きしました。

 

質問者様の状況がはっきりとはわからないので何とも言えませんが…。健康保険でそのような「伊達さし歯」を作ると言うことは、できません。というか、そのような項目はありません。(歯科衛生士)

 

前歯が無くなると、見た目や顔つきにも影響してきますので、とても悩みますよね。保険診療というのは、病気によって失われた機能を回復するために行なわれる治療や、病気の治療が目的となっています。「見た目」を回復させるのは、美容の範疇になるので保険診療では受けることが出来ません。矯正歯科治療が、保険診療の適応外となるのはそのためです。ですので、ご質問のような「伊達差し歯」というのは、ありません。(歯科医) スリーウェイシリンジ

 

健康保険での治療目的は「審美性の回復」ではなく「機能性の回復」を重視しているため、そのような機能を回復させず、審美性のみを回復させるような治療法は基本的にはありません。残念ですが、気になっているようであれば一旦どうにかお金をためて健康保険で治療を受けていただくのが良いのではないでしょうか…。(歯科衛生士)

 

何本の欠損かわかりませんが、入れ歯であれば意外と費用を抑えて作製することもできます。歯科医院に金銭的に厳しいことをきちんと説明し、必要な検査なども時には省いてもらうなどして、どうにか簡易的な入れ歯だけでも作ってもらうと良いのではないかと思います。(歯科衛生士) 超音波スケーラー

 

やはり、通常の歯科治療で治す他ありません。その場合、行なわれるのが入れ歯やブリッジです。入れ歯は、残された歯に金具をかけて取り外しが出来る様にしたタイプです。歯を削ったりする必要がないのが利点なのですが、ブリッジよりもサイズが大きいので違和感が大きくなります。その上、毎食後外して洗う必要もあるので、より手間がかかります。(歯科医)

 

ブリッジは、歯に接着剤で固定するタイプです。入れ歯よりも違和感が少ない上に、見た目もいいです。しかし、連続して2本以上歯を失った場合は適応外となりますし、支える歯が弱っている場合もできませんから、入れ歯と比べて制約があります。しかも、金属を多用しますので、入れ歯よりも高価です。歯の見た目を回復させる点で考えれば、このどちらかをお勧めします。(歯科医)

 

伊達入れ歯を作るのであれば、普通の入れ歯を作る方がいいというのが大まかな回答です。見た目だけを回復させたとしても、それを維持するために他に様々なメンテナンスや不具合が生じる可能性もあります。ここは、しっかりと治療することを念頭に置く方が賢明かもしれません。

http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000533896.html