福島歯科医師会と福島市は4日、同市のアオウゼで恒例の「お口の健康フェア」を開いた。大勢の親子が訪れ、上手な歯磨きの仕方や口の中の健康につながる正しい知識を学んだ。県歯科技工士会

福島支部、県歯科衛生士会福島支部の共催。口腔内照明器

 会場には歯磨き指導コーナーや歯医者さんの仕事体験コーナーなどが設けられた。

 今年は新たに、虫歯予防に有効とされるフッ素で口をゆすぐフッ化物洗口をPRするコーナーも設けられ、訪れた親子が実際に体験していた。歯科研磨機

 歯科医師らが「ムシバ大王」などキャラクターに扮(ふん)する公演も行われ、子どもたちが虫歯の怖さを学んだ。

 このほかさまざまなゲームコーナーが設けられ、会場には子どもたちの歓声が響き渡った。