エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

2017年09月

 阪神などで活躍した元プロ野球選手の新庄剛志氏(45)が27日、日本テレビ系で放送される「今夜くらべてみました」に出演。阪神時代の24歳の時に歯を真っ白なインプラントにしたが、その施術費用が「2000万円」だったことを明かした。スリーウェイシリンジ

 

 現役時代から、日焼けサロンで焼いたような真っ黒な肌、白すぎる歯がトレードマークだった新庄氏。歯は阪神時代の「24歳の時」に全て変えたが、「『何、その歯』『おかしいわ』って言われて」と“宇宙人”扱いされたことを振り返った。超音波スケーラー

 

 歯科医での注文は「とりあえず、全部つらら(氷柱)にして!」だったそうで、歯科医が理解できたのかは不明?だが、新庄氏によると、スウェーデンから歯を取り寄せたという。総費用は「けっこうかかって、2000万」と笑顔。MCの後藤輝基から「色の指定は?」と聞かれると、「公衆便所!」と真っ白な歯を見せてニヤリ。指原莉乃やSHELLYらスタジオのメンバーを仰天させていた。

http://jimolog.jp/393877/27432

「親知らずが見つかったら、抜歯を勧められる」というイメージはないでしょうか?スリーウェイシリンジ

患者さんの中には「すぐに歯を抜く歯医者=悪い歯医者」、「歯を抜かない歯医者=良い歯医者」のように思われている方がいらっしゃいますが、実は抜歯する際には適応基準があり、私たちは「歯を抜く以外に選択肢がない場合」や「抜歯する以外に症状の改善が図れない場合」の最終手段として抜歯をおススメすることになります。超音波スケーラー

 

抜歯は保険診療の場合、治療費用が低く設定されており、手間がかかる割に儲かる治療ではないため、歯科医としても、患者さんのお気持ちと同様に抜歯はできれば避けたいのが本音だろうと思います。

 

もちろん「できるだけ歯を残す」ことが大切なのは言うまでもありません。しかし、親知らずの抜歯についてはある程度必然性があり、できるだけ早期に抜歯した方が患者さんのメリットになることが多いです。親知らずを抜かなければならない3つの理由についてご紹介していきましょう。

 

そもそも親知らずとは?

 

親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯のことです。人によっては一生映えることのないままの場合もあります。

 

なぜ親知らずが厄介な存在かというと、現代人は硬い食べ物をだんだん食べなくなり顎(あご)が小さくなってきています。歯のサイズは昔の人と変わりませんから、顎が小さくなると一番最後に生えてくる親知らずのためのスペースが不足します。

http://jimolog.jp/393877/27430

妊婦さんは、つわりや食習慣の変化などで虫歯になりやすいと言われます。産後、母乳育児中のママが歯科治療を受ける場合、鎮痛薬や麻酔が母乳を通して乳児に影響する心配はないのでしょうか。専門家に聞きました。スリーウェイシリンジ

 

産後4カ月のママからの相談:「虫歯の治療をしたいけど、母乳育児中なので、乳児への影響が心配…」『妊娠中のつわりが酷く、歯ブラシを口に入るだけで嘔吐していたので、しっかり磨けず、歯の状態がとても悪くなっています。甘い物を食べると歯がしみるような痛むので、虫歯かと思うのですが、母乳育児中でも虫歯治療は可能でしょうか?麻酔や歯の治療に使う薬剤は、本当に安全なのでしょうか?子どもが1歳になったら断乳しようと思っていますが、それまで歯の治療は放置しない方が良いでしょうか。私は痛みにとても弱く、治療後に鎮痛剤飲むと思うので、麻酔を行ったり、治療後に服用があるのでは思っています。(30女性)超音波スケーラー

 

授乳中でも歯科受診は可能

授乳中であっても歯科受診をすることは可能です。治療が遅れると虫歯が悪化します。


http://jimolog.jp/393877/27422

 妊婦だけでなくパートナーも対象にした歯科健診を、川崎市歯科医師会(山内典明会長)が10月から開始する。市の委託事業で、健診を機に食生活や生活習慣など、若年層の健康意識を高めるのが目的だ。スリーウェイシリンジ

 

 女性は妊娠すると、急激なホルモンバランスの変化やつわりにより、歯周病や歯肉炎にかかりやすくなる。また、歯周病は早産や低体重児出産のリスクを高めると言われている。「歯っぴーファミリー健診」と題したこの事業は、家族やパートナー、生まれてくる命の健康を妊娠期に考えてもらうのが狙い。健診や前歯のクリーニングに加え、栄養バランスを考えた食生活や、禁煙など生活習慣改善による20代から30代の健康づくりにつなげていく。超音波スケーラー

 

 過去に市内で実施した健康意識実態調査によると、20歳から30歳代の男女ともに、「毎日朝食を食べる人」や「1年以上運動を続けている人」の割合が全体に比べて低く、健康に対する関心の低さが伺えた。これを受け、市は若い世代の健康づくりを課題に、歯科健診の対象を妊婦とそのパートナーに拡大した。

 

 市担当者は「政令市の中でも、パートナーまで歯科健診を受診できるのは珍しい」と話している。

 

 受診券は区役所窓口で母子健康手帳と共に発行される。費用は3715円のうち500円(1人分)を個人負担する。生活保護受給世帯や市民税非課税世帯は無料。山内会長は「歯科医師会の手で、市民の健康に対する意識づくりを積極的に進めていきたい」と話している。

 

 詳細は市のウェブサイトに掲載。歯科健診に関する問い合わせはサンキューコールかわさき【電話】0442003939。

http://jimolog.jp/393877/27417

201796日(水)に都内でリステリン主催のセミナー『“2575”歯磨きだけでは足りないオーラルケアセミナー 歯と女性の体の関係について知ろう』が開催され、都内にある歯科医院 DENTAL TANIZAWAの院長 谷澤綾乃さんが、オーラルケアについて教えてくださいました。スリーウェイシリンジ

 

突然ですが、皆さんは自分の歯の数を知っていますか? 最近、歯医者に行ったのはいつですか?

 

自分の口の中のことを知らない人は、意外と多いのではないでしょうか。日本人は先進国の中でもオーラルケアへの関心度がとても低いといわれています。超音波スケーラー

 

オーラルケアの意識が高いスウェーデンと比べてみると、その差は歴然。

歯科定期検診受診率※1がスウェーデンは80%なのに対し、日本はなんと16%。そして恐ろしいことに、80歳で残っている歯の数※2がスウェーデンが25本なのに対して、日本はたったの9.8本なのです。

 

そこで今回は、虫歯や歯周病などとサヨナラし、口内環境を改善して、健康で美しい歯を保つために大切なことをご紹介します。

http://jimolog.jp/393877/27415

↑このページのトップヘ