エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

歯(表面)の成分、特徴

歯の表面(歯冠)はエナメル質に覆われています。このエナメル質は化学的にも非常に安定している物質であり、人の体の中で最高の強度を誇っています。
その成分の97%はハイドロキシ アパタイト(水酸化リン灰石)と呼ばれるもので、化学式ではCa10(PO4)6(OH)2と表されます。
Toboom®HPジルコニア材修整研磨用ポイントセット-HP0109D
 

再石灰化とは

口腔内にいる細菌は、歯についた食物の残り(歯垢)などを摂取して分解して酸を排出します。その酸が歯を脱灰させてしまうのですが、唾液は歯垢内のpHを上昇させて中性に保ち、ミネラル(Ca2とHPO42-)の溶出を抑えることにより脱灰の反応を抑えます歯科ハンドピース用 カートリッジ 。唾液由来のミネラルと溶出したミネラルの濃度が高まると修復する反応が逆に進むのですが、この反応が再石灰化と呼ばれるものです。

ちなみにこの石灰化は外部からのカルシウムではなく、唾液に含まれる『カルシウムやミネラル』で起こります。
脱灰反応で失われたミネラルが修復されれば何の問題もないのです。歯科用切削研磨セット どうしたら虫歯になるのか

細菌の酸の排出によりpHが低下(酸性になる)するとエナメル質からカルシウムとリン酸が失われてしまい、そのような状態になるとエナメル質は脱灰してしまいます。
そうならないように口腔内では上記にあるように『再石灰化』して歯を守っています。このバランスが保たれていれば良いのですが、脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、再石灰化が追いつかなくなると脱灰が進んでしまい虫歯になってしまうのです。

ですから虫歯にならないよう健康保持をするためには再石灰化反応を促進すればよいわけです。つまり「水素イオン濃度を下げること」が重要と考えられるわけです。ボトル付きスケーラー そのためには、菌類による水素イオンの生成を抑える、唾液などを供給して水素イオン濃度を下げることが必要であるということです。

 

虫歯が再石灰化で治るのか?

虫歯になったとしても『初期の虫歯』であったら、むやみに削らずにフッ素やリカルデント、やキシリトールを使用したり、唾液の分泌をよくするなどして再石灰化を促す努力をすれば、虫歯の進行を止め元の状態に回復させることができます。

再石灰化の素晴らしい点は溶かされた歯の表面のエナメル質を、ただ元に戻すのではなく、結晶構造を変化させて、溶ける前の歯よりも硬くて虫歯に強いエナメル質に変化させるということです。

再石灰化により、ドンドン強い歯が作られていきます。ホントに人の歯というのは凄いですね。だからといって、自然に治る虫歯は初期の場合です。虫歯になったら歯医者さんに必ず行って下さい。

 

何故就寝時に虫歯になりやすいか

上記にあったように再石灰化は唾液によって促進されます。というより唾液が主役です。その唾液は就寝時には分泌される量が減ってしまいます。ですから再石灰化がされにくくなり、脱灰と再石灰化のバランスが崩れてしまい、虫歯になってしまうというわけです。

ですから就寝前の歯磨きを入念にして、脱灰しないような口腔内の環境を作ることが重要なのです。
関連記事

永久歯の生えない幼児や乳児が増えている

意外に多い?通院したことがない人の数

タイトルにあるように『歯科医院に通院したことがない人は約4%いる』という結果が『日本私立歯科大学協会』で行われたアンケートで分かったようです。

このアンケートは10代~70代の男女1000人を対象にインターネットを通じて実施されたものですアマルガムミキサー 。そのアンケートの中で『歯科医院に通院したか?』を聞いたところ「通ったことがある」が84・2%、「現在通院中」が12・0%、「一度も通院したことがない」が3・8%だったようです。
複数回答で行われた『通院の目的は?』という質問では、「虫歯の治療」が84・9%、「歯のクリーニング」が33・4%、「定期検診」が29・4%、「歯周病の治療」が18・2%という結果だったようです。
歯科抜歯用ルートエレベーター(プラスチックハンドルハンドル)(1本入) 
一度も通ったことがないというのが約4%もいたということが驚きでした。歯科技工用真空成型器 単純に考えて、1000人の中で38人が通ったことが無いのですが(当然ですけど)、この方々の口の中はいったいどうなっているのか心配になってきますね。最近では、40代以上の約8割は歯周病といわれるわけで・・・恐ろしいですね。
オススメ商品をご覧ください:
http://www.athenadental.jp/category-2069-b0-歯科用ルートエレベーター.html
虫歯が無いからといって歯科医院に通わなくて良いというわけではありません。虫歯じゃなくても『歯周病』かもしれないからです。歯周病は初期の症状では自覚があまり無いので気がついていないだけでどんどん悪化している可能性があります。
『定期検診』と『歯のクリーニング』が約3割しかいないというのも気になります。生活していると、歯石がたまったり、着色もします。それは虫歯や歯周病の原因になるので、定期的に歯科医院に行くのは大切な事なのですが・・・
でも、歯科技工士の仕事は患者さんが虫歯になったり歯周病で歯が抜け落ちてから出番があるわけで・・・でもちゃんと定期検診していただきたいわけで・・・
関連記事

不要な入れ歯回収でボランティア

『認知症』それは人や場所や物事を記憶することが困難になる脳の病気です

認知症は『脳血管性認知症』や『アルツハイマー型認知症』という種類に分類されたりします。
この『認知症』と『歯の本数』が関係あるのではないかと言われていますボトル付きスケーラー

ある調査によると、70歳後半の健康方の歯の本数は平均9本だったのに対し『脳血管性認知症の患者』の歯の本数は平均6本『アルツハイマー型認知症の患者』の歯の本数は平均3本だったようです
また、同時に頭部をCTで撮影して脳の画像を調べたところ、歯の本数が少ないほど脳の委縮が進んでいるたようです歯科レンチ式
これだけではハッキリとは言えませんが、もしかすると『歯で噛むことが脳を活性化させるんじゃないか?』と考えられます。
Toboom®HPジルコニア材研磨用ポイントセット-HP0105E
その調査とは別にある研究チームが、愛知県の65歳以上の健康な方、約4500人に歯の状態をアンケートした上で、その4年後の間に認知症を発症したかどうか調べたようです歯科用切削研磨セット
その結果『自分の歯が20本以上ある人』に対して『歯がほとんどなく、入れ歯も使っていない人』とでは後者の方が認知症になるリスクが1.9倍、『自分の歯が20本以上ある人』と『歯がほとんどなく、入れ歯を使っている人』とではリスクが1.2倍に高まっていたという結果が出たようです。
この結果により、歯の本数と認知症が関係するというよりも『噛む事』と『認知症』の関係のほうがあるのではないかと思いました。
歯を大切にして、なるべく歯が抜けないように努力し、もし抜けてしまっても『入れ歯』をはめるようにし、『しっかりと噛む』ことをすれば認知症のリスクは軽減できるのではないかと思いました。
関連記事

花粉症の時期は歯周病・虫歯になりやすい?

↑このページのトップヘ