エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

自分の歯で噛むという事の重要性

噛むという行為は人が生きていくうえで、とても重要なことです歯科技工用真空成型器 。もちろん噛めなかったら食事をすることが出来ないのですが噛む事で頭蓋骨に適度な刺激を与えているのです。
ある研究でこういった結果が出ました歯科ハンドピース用 カートリッジ 。歯がしっかりと残っていて、自分の歯で噛む事が出来る方の頭蓋骨は骨密度(単位体積あたりの骨量)が高いですが、すべての歯が失われしまい噛む刺激が与えられなくなった頭蓋骨の骨密度はスカスカになっていて骨粗鬆症のようであったのです。
Jinme® 歯科ハンドピース(レンチ式)用 標準カートリッジ
骨粗鬆症とは、身体の中にある骨が、カルシウムが減少することによって骨がスカスカになってしまい脆くなってしまった状態をいいます歯科手術用照明LEDライト
自分の歯が失われてしまうと、頭蓋骨がその骨粗鬆症のようになってしまうというのです。
噛むという運動は、毎日行われている行動ですが、実は噛むことにより歯からくる頭蓋骨に適度な圧力を加えて頭蓋骨を強くしているようです。
いつまでも自分の歯で噛めるように口腔内のメンテナンスをしっかりとしましょう。
関連記事

歯肉が退縮してしまっても再生させる方法

子どもたちの間に歯周病予備軍である歯肉炎が増えているそうです。柔らかい食事、時間を決めずに甘いおやつや甘い飲み物を飲食するなどの食習慣が原因であると考えられています。エアモーターセット昔に比べて子どもの虫歯予防に対する意識は格段に進歩していますので、歯周炎にならないように対策をとりたいものです。以下は子どもたちの歯肉炎予防に関する記事からの抜粋です。

RUENSHENG®根管長測定器YS-RZ-B-1(カラー)

【子どもたちの歯肉炎予防と進行抑制のために】
考え方
炎症が歯肉に限局している場合を歯肉炎,根管材料電気加熱注入器歯肉から周囲の歯周組織に炎症が及んだ場合歯周炎と呼ぶ.歯肉炎と歯周炎は一巡の疾患であり,歯固炎の前段階に歯肉炎が存在し,その進行した型が歯周炎である.以上の観点からいうと,歯肉炎と歯周炎は歯周組織内での炎症の拡がり(進行度)による分類であり,歯科技工用真空成型器臨床的に,歯肉炎と歯周炎を肉眼的な観察のみで鑑別診断することは非常に困難である.そのため,歯周ポケットの深さ,歯肉退縮量,歯の動揺度,X線写真などにより歯周組織の破壊程度,歯根に対するポケット底部の位置関係を総合的に判断し,診断および治療計画の立案を行う必要がある.(2004 現代の治療指針引用)

虫歯も歯周病も予防が大切です。歯に関するお悩みは、神戸審美歯科センターにご相談ください。専門医が治療方法、治療費等を詳しくご説明いたします。無料の電話相談もございますので、お気軽におかけくださいね。
関連記事 歯周病の発症リスク、男性は職種が影響!

また、久しぶりのトピックス更新ですが、歯周病の発症リスクに関して面白い研究結果が出ていますので、今回はこれをご紹介します。

男性における歯周病の発症リスクは職種で異なるというものです。

NSK EX-203 エアーモーターセット

岡山大学病院予防歯科の入江浩一郎講師、愛知学院大学、三重大学の共同研究グループが明らかにしたもので、生産工程・労務従事者、販売従事者、および運輸・通信従事者は、専門的・技術的従事者と比べて歯周病の発症リスクが高いことが分かったそうです。エアモーターセット

「職域における歯科検診は任意だが、リスクの高い上記職種に対しては、定期的な歯科検診と歯科保健指導の実施を強く推奨する」と述べています。

同グループは愛知県名古屋市内における歯科検診の受診者3390 人(男性2848 人;平均年齢41.0±9.77 歳、女性542 人;平均年齢41.6±10.46 歳)を対象に、2001 年度から2006 年度までの5 年間の追跡研究を実施。職業の分類については、厚生労働省による職業分類(1987 年)に基づいて分類しました。歯科技工用真空成型器

その結果、男性では、専門的・技術的従事者と比較して、生産工程・労務従事者は2.52 倍、販売従事者は
2.39 倍、運輸・通信従事者は2.74 倍歯周病発症のリスクが高いことがわかりました。

これらの職種は、長時間労働や、十分な睡眠や休息が取れない傾向にあり、職業に由来する精神的なストレスが高いことが報告されています。

また、職業による精神的なストレスは、歯科保健行動に悪影響を及ぼすことが知られています。すなわち、職業間における歯科保健行動の違いが、職業間で歯周病発症に差が生じた原因になったと推測されるとしています。スリーウェイシリンジ用 ノズル

一方、女性においては、歯周病の発症と職業との間に有意な関連はなかったとされ、女性は男性に比べ、健康に対して気を遣う傾向にあり、社会経済学要因を受けにくいのかもしれないとも分析しています。

この研究成果は2016年10 月26 日、疫学専門雑誌「Journal of Epidemiology」の電子版に掲載されました

なお、参考までに職業分類で「専門的・技術的従事者」は、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士も含む医療従事者や医療技術者、研究者、大学教員、編集者などで一方の「生産工程・労務従事者」は、金属材料製造、金属加工、金属溶接・溶断や、食品など製品製造工、機械組み立て、機械整備・修理」などとなっています。

いかがでしたか?興味深い結果が出ましたね。

女性に比べて、男性というのは職種間で受けるストレスの影響がかなり異なるのかもしれませんね。

あなたがもし男性で、上記の歯周病発症リスクの高い職種に該当する場合には、年に数回定期的に歯科医院で歯周病の検査をぜひ受けるようにして下さい。
 
関連記事

ストレスが溜まると歯周病になっちゃうの?

↑このページのトップヘ