エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 町田駅から徒歩8分の「大滝歯科医院」は日本では数少ないBPSクリニカル認定医。精密義歯「BPS(生体機能的補綴システム)入れ歯」を導入し、入れ歯が必要になった人々に「食事や会話を楽しめる、”快適な生活”」を提供している。また、自分の歯のように噛みたいけれど、骨に埋め込む手術が必要な「インプラント」は怖くてできないという人たちにも、質の高いBPS入れ歯を提案している。スリーウェイシリンジ

 

 「噛めない・痛い・外れる」など入れ歯の悩みは多い。従来の入れ歯製作は上の顎、下の顎を片方ずつ型取るため自分の歯肉の形状に正確に合わないことがある。同院の「BPSエステティックデンチャー&eデンチャー」による入れ歯は、顎や筋肉の動き、咬み合わせの位置や力の入り具合、発音、笑顔のバランスなどを細かくチェックしながら製作されるため、吸い付くようにフィットする装着感が特徴だ。超音波スケーラー

 

チーム医療

 

 また、BPS入れ歯で右に出るものがいないという歯科技工士の岩城譲二氏とチーム医療を行い、精密な入れ歯製作に取り組んでいる。「当院が提携する歯科技工所は入れ歯製作技術を競う世界コンテストで優勝するなど、世界でトップクラスの実績を誇ります」と大滝正行院長。常に精度、品質、機能、美観ともに上質の入れ歯を提供するために、自らドイツやヨーロッパ各地で研修を受けるなど研鑽を積んでいる。

 

歯の土台となる歯根を残す根管治療も

 

 また同院では、今まで見えなかった患部をマイクロスコープ(手術用の電子顕微鏡)で24倍大に拡大し、わずか数ミリの太さしかない歯の根の中にある細菌を除去する「根管治療」を行っている。これによりひどいむし歯でも抜歯しなくて済むことも。「マイクロエンドで一本でも多く歯を残していただきたい」と担当の大滝絵梨花副院長。女性ならではの細やかさでやさしく丁寧の対応してくれる。

 

 昨年8月にはビル1階に移転オープンし、より通いやすくなった同院。むし歯や入れ歯でお悩みの方はぜひ。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/01/blog-post_93.html

インプラントにおいては、従来のマニュアル手術の場合、歯茎を切っても中の神経や血管を診ることができないため、安全性を向上させるためにCT上で適切な位置にインプラントを設計してからコンピュータを使ったシステムでインプラントを埋入する「コンピュータガイド手術」が開発されました。スリーウェイシリンジ

 

しかし、事前のシミュレーションで手術時間を大幅に短縮でき、腫れや炎症も最小限に抑えることができるコンピュータ手術においても、術者の技術差やシステムの違いなどで埋入位置のズレが生じるなどの課題がありました。また、口腔内の金属が多いと金属の反射(メタルアーチファクトと呼ばれる)のために画像が鮮明でなかったり、残っている歯の数が少ないと合成しにくかったりと、正確な判断ができないケースではコンピュータ手術であっても精度が担保できませんでした。超音波スケーラー

 

そこで、神戸審美インプラント&矯正センターでは、「精度が良くなくては安全に手術を行う目的で導入するコンピュータ手術の意味がなくなってしまう」と考え、正確な位置にズレなくインプラントを埋入できる「3Dガイド技術」の開発を行いました。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/01/blog-post_62.html

1) 歯周病

歯周病が進行してくると、歯茎が下がってくるため歯がしみやすくなります。スリーウェイシリンジ

 

歯周病とは「歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨で構成される歯周組織が、口の中の細菌感染によって破壊される慢性炎症性疾患のこと」(日本歯科衛生士会ホームページより)。成人だけではなく小・中学生などの若年層も多く罹患(りかん)しているとされています。超音波スケーラー

 

適切に歯磨きができていないと、健康な歯ぐき(歯肉)に炎症が起こり、それを改善しないまま深部の歯周組織まで炎症が波及すると、歯と歯肉の境目の溝が深くなり、歯周ポケットが形成されます。これが重症化してしまうと歯がぐらつき始め、残念ながらたくさんの歯を失ってしまうことになりかねません。

 

しかも歯をしっかり磨いていても、気づかずに歯周病になっている人がかなり多いのです。知覚過敏も知らずに引き起こされている可能性があるといえるでしょう。

 

2) 加齢による歯茎下がり

歯茎は加齢によっても少しずつ下がってきます。それに伴い知覚過敏が現れることがあります。

 

3)強すぎる歯磨きのブラッシング圧

歯ブラシでのブラッシング圧が強すぎると、歯茎を傷つけ歯茎が下がりやすくなってしまいます。また、強すぎる力で磨き続けることで歯がすり減ってしまい、余計にしみるようになってきます。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/01/blog-post_29.html

↑このページのトップヘ