エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

1日の歯磨きの回数

 

1日のうち、歯磨きの回数としてベストなのは、13回。

基本的に食事をした後がおすすめなので、朝食、昼食、夕食の後に磨くことを習慣にすれば、虫歯予防、さらには磨き過ぎの回避にもなりますね。歯面清掃用ハンドピース

仕事などの状況により、昼食後に歯磨きをすることが難しい場合は、朝と夜の2回、歯磨きをしっかり行いましょう。

朝の歯磨きのポイント

 

朝の歯磨きについてはいろいろな説がありますが、一般的には、食後に歯磨きをするのが理想的といわれています。ホワイトニング機器

朝起きてすぐ歯磨きをするという人もいますよね。確かに、寝ている間には口内の細菌が繁殖しますし、ネバつきや口臭が気になる人も多いと思います。しかしその後に朝食を取り、また歯磨きをするとなると、かえって磨き過ぎになってしまうのです。

もし、どうしても起きてすぐ歯磨きをしたいという方は、うがいで口をゆすぐだけにとどめてみてください。

夜の歯磨きのポイント

夜の歯磨きは、1日の中で最も念入りに行いましょう。

唾液には、先ほどもお伝えしたように、酸を中和する働きがあります。しかし寝ている間は唾液が減るため、口内環境を悪化させてしまう可能性があるのです。

そのため口内に食べかすを残したまま寝てしまうことがないよう、夕食後の歯磨きは、1日のうちで最も丁寧に磨くことを心掛けてください。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=103293

 しかし、多いとはいっても、「コンビニより多いから過剰だ」というのは感覚でしかないものです。歯科医の数の適正値が実際どれほどなのかは、分からないのです。歯面清掃用ハンドピース

 

 例えば、人口あたり歯科医師数をOECD(経済協力開発機構)のデータで見てみましょう。

 

 日本の歯科医数は人口1000人あたり0.81人。先進諸外国を見ると、ドイツでは同0.89人、米国では0.6人。日本の歯科医が飛び抜けて多いというわけではありません。現に米国では歯科医不足が叫ばれているという話もあります。ホワイトニング機器

 

 加えて、海外では、定期受診率やデンタルフロス(歯間ブラシ)の使用率が日本より高いともいわれています。素直にこのデータを取れば、「日本で歯科医師過剰」ではなく、「日本人はもっと歯科医に通うべき」といえるのかもしれません。

 

 日本国内でみると、人口あたり歯科医数に地方による格差があります。歯科医は全国にしっかり散らばっているわけではありません。東京都などの都心に比べると、地方ではとても少なくなっていて、田舎で歯医者が不足している可能性があるのです。

 

 もっとも、「日本人は自分でしっかり歯磨きをしているから定期受診率が低い」という論理も成り立ちます。歯科医師をどうしていくかという問題への議論は、さまざまな事情を多様な視点から考慮してなされる必要があるでしょう。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=102767

これは、歯科だけでなく、医科でもそうだが、国民皆保険は良しあしだと思う。いつでも誰でも、病院に安心してかかれるという油断が、日本人から「予防」という観点を奪っているからだ。歯面清掃用ハンドピース

 

「病気になれば、医者や歯医者に行けばいい」という他力本願な人が、日本にはどんなに多いことか。本来、成人の経験するほとんどの病気は、虫歯や歯周病も含めて生活習慣病だ。自分のライフスタイルが病気を招くのだから、自分にしか予防も改善もできない。ホワイトニング機器

 

とはいえ、なかなか病気になった後の自分について、想像力を働かせることは難しいものだ。

 

将来の虫歯や歯抜けになるリスクについては、あまり実感が湧かないもしれない。でも、口臭は、リアルな問題だ。人間関係にも、モテ度にも、ビジネスにも、人生のごきげん度にも影響する。

 

だから、「におい」を改善することをモチベーションの源泉にしてみてはどうだろうか。健康は、結果として付いてくるものだ。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=102709

↑このページのトップヘ