エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 厚生労働省が2016年に実施した国民生活基礎調査によると、がん検診を過去1年間に受けた40~69歳の人の割合が前回調査(13年)より増え、中でも、男性の肺がん検診の受診率が初めて50%を超えて510%となった。女性の肺がん検診の受診率は417%にとどまった。スリーウェイシリンジ

 

 同省は、死亡率を下げる科学的根拠があるとして、肺がん、胃がん、大腸がん、子宮頸(けい)がん、乳がんの各検診について、対象や方法を定めた上で受診を推奨。閣議決定された「がん対策推進基本計画」などで、受診率を50%に引き上げることを目標に掲げている。超音波スケーラー

 

 肺がん以外の検診受診率は、胃がんが男性464%、女性356%、大腸がんが男性445%、女性385%。

 

 女性の乳がんと子宮頸がんの検診は、2年に1回の受診が推奨されているため、過去2年間に受けた人の割合を算出。うち子宮頸がんについては、検診の推奨年齢が20歳以降となっているので20~69歳の受診率を示した。それによると、乳がんの受診率は449%、子宮頸がんは424%だった。

 

 国民生活基礎調査では3年に1回、がん検診について調査している。前々回調査の10年以降、受診率はどのがんも調査のたびに上昇しているが、男女で比べると、女性の方が一貫して受診率が低い。女性が検診を受けやすくする環境整備の重要性があらためて示された。

 

 調査は昨年夏、全国の約29万世帯を対象に、調査票記入方式で実施。昨年4月の熊本地震の影響で、熊本県は除いている。


http://jimolog.jp/393877/27435

 阪神などで活躍した元プロ野球選手の新庄剛志氏(45)が27日、日本テレビ系で放送される「今夜くらべてみました」に出演。阪神時代の24歳の時に歯を真っ白なインプラントにしたが、その施術費用が「2000万円」だったことを明かした。スリーウェイシリンジ

 

 現役時代から、日焼けサロンで焼いたような真っ黒な肌、白すぎる歯がトレードマークだった新庄氏。歯は阪神時代の「24歳の時」に全て変えたが、「『何、その歯』『おかしいわ』って言われて」と“宇宙人”扱いされたことを振り返った。超音波スケーラー

 

 歯科医での注文は「とりあえず、全部つらら(氷柱)にして!」だったそうで、歯科医が理解できたのかは不明?だが、新庄氏によると、スウェーデンから歯を取り寄せたという。総費用は「けっこうかかって、2000万」と笑顔。MCの後藤輝基から「色の指定は?」と聞かれると、「公衆便所!」と真っ白な歯を見せてニヤリ。指原莉乃やSHELLYらスタジオのメンバーを仰天させていた。

http://jimolog.jp/393877/27432

「親知らずが見つかったら、抜歯を勧められる」というイメージはないでしょうか?スリーウェイシリンジ

患者さんの中には「すぐに歯を抜く歯医者=悪い歯医者」、「歯を抜かない歯医者=良い歯医者」のように思われている方がいらっしゃいますが、実は抜歯する際には適応基準があり、私たちは「歯を抜く以外に選択肢がない場合」や「抜歯する以外に症状の改善が図れない場合」の最終手段として抜歯をおススメすることになります。超音波スケーラー

 

抜歯は保険診療の場合、治療費用が低く設定されており、手間がかかる割に儲かる治療ではないため、歯科医としても、患者さんのお気持ちと同様に抜歯はできれば避けたいのが本音だろうと思います。

 

もちろん「できるだけ歯を残す」ことが大切なのは言うまでもありません。しかし、親知らずの抜歯についてはある程度必然性があり、できるだけ早期に抜歯した方が患者さんのメリットになることが多いです。親知らずを抜かなければならない3つの理由についてご紹介していきましょう。

 

そもそも親知らずとは?

 

親知らずとは、永久歯の中で一番最後に生えてくる歯のことです。人によっては一生映えることのないままの場合もあります。

 

なぜ親知らずが厄介な存在かというと、現代人は硬い食べ物をだんだん食べなくなり顎(あご)が小さくなってきています。歯のサイズは昔の人と変わりませんから、顎が小さくなると一番最後に生えてくる親知らずのためのスペースが不足します。

http://jimolog.jp/393877/27430

↑このページのトップヘ