エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

ロボット歯科医師は、3Dプリンタで印刷された2本の人工歯を患者に装着した。なおロボットはすべての基準を満たす誤差0.2から0.3㎜で人工歯を装着したという。スリーウェイシリンジ

 

専門家らは、中国では熟練した歯科医師が不足しているため、同国にとってロボット歯科医師の開発は特に時宜を得ているとの見方を示している。超音波スケーラー

 

先の報道によると、英国のロボット農業プロジェクト「ハンズフリーヘクタール」の研究者らは、ロボットによる人手を直接借りない一連の農作業を1ヘクタールの試験畑で実施した。

http://jimolog.jp/393877/27440

 セルフコンディショニングを実践してほしい理由の一つに「ケガの予防」が挙げられます。身体の状態を整え、しなくてもいいケガを防ぐことがその目的ですが、それ以外にも日々確認してほしいことの一つに口腔ケア(虫歯予防虫歯治療等)が挙げられます。スリーウェイシリンジ

 

 歯の健康について考えてみると、歯痛が起こってから歯科医院に駆け込むことが多いのではないでしょうか。虫歯や歯周病を予防するためのケアであったり、噛み合わせのチェックであったりといったことはあまり重要視されてこなかったかもしれません。筋肉はトレーニングなどによって筋線維に損傷が起こり、それを修復するためのシステムが整っていますが、歯は一度虫歯になってしまうとそれを回復させることはむずかしく、これ以上進行しないように治療することが一般的です。悪化してしまうと神経や歯そのものを抜かざるをえない状況にもなります。超音波スケーラー

 

 歯を一本失ってしまうと噛み合わせのバランスは崩れ、身体のコンディションそのものにも影響を及ぼすことが考えられます。また虫歯などで片側ばかりを使って噛むクセがついてしまうと、顎関節を痛めたり、重心位置がずれてしまうことによるパフォーマンスの低下なども懸念されます。何よりも虫歯になると痛みを伴いますので、野球のプレーに集中できなくなるのではないでしょうか。歯痛だけではなく、頭痛を訴えてくる選手も多く、頭痛の原因が虫歯であったというケースも見られます。

 

 近年はスポーツドリンクやレモンなど飲食物に含まれる酸で歯が溶けてしまう酸蝕歯(さんしょくし)になる人が増え、歯が黄ばんだり、欠けたりするだけでなく、知覚過敏も引き起こすといわれています。酸性アルカリ性を示すpH(ペーハー)値は、数値が低いほど酸性に傾きますが、口腔内のpH5.5以下になると歯のエナメル質が溶け始めると言われています。酸性の強いもの(お酢やドレッシング、コーラ、みかん、トマトジュースなど)をとった後には水やお茶などを口に含むようにするだけでも酸蝕歯になるリスクはおさえられます。

 

 痛みや不具合が起こってから対応するのではなく、定期的な歯のメンテナンスを行うことも視野に入れて、コンディショニングチェックの項目として虫歯の有無や歯科医院の受診などを確認しておくようにしたいですね。歯科治療は3ヶ月~半年に一度の定期受診を勧められることが多いとのことですので、一年以上歯科医を受診していない場合は、これを機会に受診しておくことをオススメします。

http://jimolog.jp/393877/27439

近い未来、いま人間がやっている多くの仕事をロボットやAIが行うようになると言われている。「手術」もそのひとつだ。人の手以上の細かな動きができるといい、また、遠隔操作を用いて、遠く離れた場所にいる名医に執刀してもらえるなど期待も大きい。スリーウェイシリンジ

 

そんなロボット手術シーンに、ひとつ新たな歴史が刻まれたと報じられている。なんと中国でロボットによる歯科手術が成功!! プログラムを用いて、全く人間の手を介さずに行われたというのだ。超音波スケーラー

 

中国でロボットによるインプラント手術が成功

中国報道によると、手術が行われたのは2017916日のこと。場所は、陝西省西安市にある「空軍軍医大学口腔医院」だそうだ。ここで “ロボット歯医者さん” によるインプラント手術が行われたのだという。

 

動画「World First Autonomous Dental Implant Robot Put into Use in China」には、一人の患者が映し出されている。その前に鎮座するのは……おお、これがロボット歯科医師なのか! ロボットが人に操作されることなく、チュインチュインと歯の処置をしているのだ。

 

人間は見守るだけ

この手術の流れをザックリいうと、「あらかじめプログラミングされたロボットが、3Dプリンタで打ち出した人工歯を、患者に移植する」というものだ。

 

それはいいけど、「手術中に患者が動いてしまったりしたら……」なんて不安も出てくるだろう。でもご安心下さい! ロボットは患者の動きに合わせ、自ら微調整もできるという。実際に今回、差し込んだ際の誤差は、想定のたった 0.20.3mm であり、手術は無事に成功したという。

 

なお、手術の工程において人間の医師は見守っているだけ。ロボットにお任せ、手術は1時間もかからずに終了したそうだ。

http://jimolog.jp/393877/27438

↑このページのトップヘ