エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

お子さまの歯ブラシは、年齢ごとに適したものを選びましょう。使いやすい歯ブラシを使うことがむし歯予防のカギになります。歯面清掃用ハンドピース

 

お子さまの好きなキャラクターの歯ブラシを使うという方法もあります。お子さまがより歯みがきに親しみを持てるようになるでしょう。

 

【ポイント】歯みがきを楽しい習慣にしよう

小さいうちは、歯みがきをいやがるお子さまも多いかもしれません。その場合には、歯みがきを楽しい習慣にできるよう工夫してみましょう。歯みがきの最中に歌を歌ったり、歯みがきができたらほめてあげたりすると、歯みがきにいいイメージがつきやすくなります。ホワイトニング機器

 

また、人形やぬいぐるみの歯をみがくまねをしてみせてあげてもいいでしょう。「自分もみがいて!」と言ってくることが期待できます。ほかにも、保護者とお子さまで歯のみがき合いっこをしても歯みがきを楽しいものにできます。

 

健康で丈夫な歯にしよう!

幼児期からのオーラルケアは、長く歯茎や歯を健康で丈夫にするための土台づくりになります。特に乳歯は永久歯と違って小さい分、エナメル質が薄くなっており、むし歯は神経まで届きやすくなっています。歯みがきの習慣や正しい食習慣をしっかり身につけるとともに、保護者がサポートしてあげることが大切です。また、保護者のサポートと併用して、定期的な歯科検診を受けることも効果的です。歯みがきを楽しい習慣にしながら、お子さまの口の健康を守ってあげてくださいね。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=104331

 官僚の腐敗を象徴する事件は後を絶たず、職務に対する規律が弛緩(しかん)するたび、捜査のメスが入ってきた。文部科学省でもリクルート事件などで事務次官や部長が摘発されている。歯面清掃用ハンドピース

 

 昭和63年に発覚したリクルート事件は政官財界を巻き込んだ疑獄事件だった。当時の首相ら政財界の有力者に渡っていた未公開株や資金が次々に明らかになり、前文部事務次官や元労働事務次官ら12人が東京地検特捜部に起訴された。

 

 文科省では平成20年にも、国立大学の文教施設整備をめぐり、現金を受け取ったとして、前文教施設企画部長が起訴されている。ホワイトニング機器

 

 10年の日本道路公団の債券発行をめぐる汚職事件では、元大蔵省造幣局長の公団理事が逮捕された。特捜部の捜査は金融機関や大蔵省へとおよび、銀行・証券業界による総会屋への利益供与事件など日本の金融機関や大蔵省のゆがんだ体質が浮き彫りに。大蔵官僚や日銀幹部の接待汚職事件では大蔵省前金融証券検査官室長らが逮捕された。

 

 16年の中央社会保険医療協議会(中医協)をめぐる汚職事件では、歯科医師側に有利な発言をする見返りに、日本歯科医師会(日歯)前会長らから賄賂を受け取ったとして、元社会保険庁長官が逮捕された。

 

 19年には防衛装備品調達をめぐる汚職事件で、守屋武昌前防衛事務次官が収賄容疑で逮捕され、後に実刑判決を受けた。事務次官経験者が汚職事件で有罪となったのは戦後5人目で実刑は2人目だった。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=103834

 国際化に対応する充実した英語授業と小規模大学ならではの面倒見の良さを特長とする東洋学園大学。今春、グローバル・コミュニケーション、現代経営、人間科学の全3学部と大学院を都心の東京・本郷キャンパスに集約し、通学・学習環境を整えて一層、飛躍しようとしている。4月に就任し、グローバル化とダイバーシティー(多様性)の2本柱を教育目標に掲げる旦祐介学長と、同大専任で現代経営学部の八塩圭子准教授に、大学の魅力や学びについて語ってもらった。歯面清掃用ハンドピース

 

先進的な英語教育とカリキュラム

 八塩圭子准教授 旦先生、いつもショール姿がダンディーですね。ホワイトニング機器

 

 旦祐介学長 30歳までは学生に間違われないようネクタイをしていたんですが、学生のお父さんより年上になって近付きがたくなっていくので、工夫しようかと。実際に今、行っている新入生と学長との対話の授業では「そのショールはどこ製ですか?」との質問もあり、緊張を解くきっかけとしては成功しているかなと(笑)。

 

 八塩准教授 そうでしたか。私、ショールの似合う男性は、旦先生か中尾彬さんかと思っていますから(笑)。旦先生だけでなく、本学の全教員が学生との距離を縮めようとしていますよね。では、あらためて学長就任後の教育方針をお聞かせ下さい。

 

 旦学長 本学は歯科医養成の女子学校として始まり、第二次世界大戦前のピーク時には全学生の約25%が中国大陸や東南アジアからの学生で、早くからグローバル化されていました。その流れは短大、4大になっても引き継がれ、今でも英語は重視しています。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=103725

↑このページのトップヘ