エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 精神障害がある本人や家族の多くが漠然とした不安を抱いている「親亡き後」の本人の暮らし。スリーウェイシリンジ

 

 親の死を実際に経験したり、そのために備えたりしている本人や家族、専門家ら計40人の体験やアドバイスを集めた本「精神障害をもつ人のための 親なき後に備える」を、障害の啓発や当事者支援に取り組む認定NPO法人地域精神保健福祉機構(略称コンボ、千葉県市川市)が発行した。超音波スケーラー

 

 「何とかやれている」「こんなことで困った」などの体験談の紹介に加え、コンボの会員に対するアンケートを基に、金銭的なこと、家の管理、人付き合いや支援サービスなど九つの分野について、本人と親であらかじめ話し合っておきたい項目を一覧表にまとめた。

 

 アンケートで、不安に思う人が多い項目として浮かんだ「生活力」「経済力」「寂しさ」については、当事者のさまざまな試みを紹介。総じて、本人ができる範囲を少しずつ広げること、人や支援機関とのつながりを保つことの大切さを強調する内容になっている。

 

 準備の意外な落とし穴を語った経験談もある。母親を早く亡くし、祖母に育てられた50代後半の女性。祖母は女性らに財産を分ける遺言を書いていたが、日付と押印がなく法的に無効だった上、相続人以外の名前まで書かれていた。司法書士に相談して話し合いが付いたものの、仲が良かった親類と一時気まずくなってしまったという。「遺言をするなら法的に有効かをきちんと確認してほしい」と女性は話す。

 

 本はA5判、124ページ。1296円。書店販売はしないため、購入は直接コンボへ申し込む。電話は047(320)3870。

http://dentaljp.blogspot.com/2017/11/blog-post_26.html

 鈴木さんは東京都出身。自分を取り上げてくれた産科医にかわいがられた。大きくなってから耳が痛くなった時も耳鼻科ではなく、その産科医の所に行くと、耳の中を照らす鏡を額に付け「自分にだって診られるんだぞ」と診察してくれた。「生まれた時だけでなく、その後も子どもたちを見守る先生の姿を見て、医師になりたいと思いました」 スリーウェイシリンジ

 

 高校卒業後、医学部を目指した。しかし受験に2度失敗。医学部進学を諦め、78年に日本大学歯学部に入学した。6年後に歯科医師免許を取得し、自分にふさわしい歯科医の姿を模索していたところで、転機が訪れる。超音波スケーラー

 

 大学では、歯を抜かずに残して治す「保存修復学講座」に入局した。新入局員は研修を兼ね、伊豆七島の一つ、新島(東京都新島村)の診療所に1カ月交代で出向くことになった。島民約2900人の歯科医療を担っていたのは、臨床経験3年以上の先輩と新人の2人だけ。島は巡回診療の歴史が長く、歯が痛いという患者がいたら歯を抜き、次の診療で義歯を入れるケースが多かった。鈴木さんは延べ3カ月の診療期間中、歯を治療しようとしても「痛いので抜いてくれ」と訴えてくる島民たちに戸惑いつつ、島の歯科医療を変えたいという思いを強めた。

 

 5年後、結婚したばかりの千春さんと新島に戻った。任期3年で診療所の常勤歯科医となったのだ。朝9時から夕方5時までの診察が基本だったが、狭い島ではどこでも患者と出会う。休日でビーチにいると「診療所歯科の鈴木先生いらっしゃいませんか」とライフガードに呼び出されたり、悪天候で海がしけると漁師たちから「診てくれないか」と押しかけられたりした。鈴木さんは自らのクリニックを開業以来「いつでも、どこでも、だれにでも」というモットーを掲げるが、これは新島での体験で得たものだ。

 

 「急きょ勉強会を開くことにしたから来てほしい。普段やっていることを話してよ」。今年8月中旬、鈴木さんの元に静岡県沼津市で開業する友人から講演の依頼があった。その2週間前、沼津市内の歯科医院で、治療中の患者がHIV陽性だと知った歯科医が転院を促したことが一部の新聞で報じられ、問題になっていた。市歯科医師会は陽性者の受け入れに協力する歯科医院があれば登録し、HIV治療の拠点病院から紹介を受けるネットワーク作りを模索している。鈴木さんは「これからどうすべきか考えることは素晴らしいことだよ」と快諾した。

http://dentaljp.blogspot.com/2017/11/blog-post_24.html

 1130日から南足柄市議会定例会が開催され南足柄市と小田原市の合併の是非について論戦が深められ、結果が明らかになると期待しているが、2市間の「中心市のあり方」に関する協議会の結果を踏まえ、この機会に県政の立場から今回の合併問題を客観的に考えてみたい。スリーウェイシリンジ

 

なぜ「中核市」の議論が先送りなのか?超音波スケーラー

 

 今回の合併問題の根底には、小田原市の「中核市」への移行という問題が横たわっている。

 

 中核市について移行後の市民への負担や行政への負荷などが十分論議されることなく「合併後に市民の理解を得て判断します」とされた。

 

 根本的な問題の是非を議論することなく「法定合併協議会」の設置を図ることは拙速のそしりを免れない。

 

 しっかりと任意協議会で議論を重ね、諾否を問うべきである。

http://dentaljp.blogspot.com/2017/11/blog-post_18.html

↑このページのトップヘ