エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 清掃ボランティアに無料で歯の治療を-。神戸市東灘区の「御影歯科クリニック」院長、秋山博道さん(36)が、地域の人々に恩返しをしようと、今年4月からユニークな街の清掃活動を始めている。誰でも参加でき、掃除をすれば自由診療の歯のクリーニングを無料で受けることができる。街と歯、そして心もきれいになる“ピカピカの連鎖”を広げるため、秋山さんは有志を募っている。(中井芳野) 歯面清掃用ハンドピース

 

 4月17日午前、阪神御影駅前(同区)の広場で初めての清掃活動が行われた。白衣姿の秋山さんやクリニックの常連客ら約10人が、広場の階段などを歯ブラシできれいに磨いた。

 

 治療の合間に歯磨きの指導も続けている秋山さんが、その技術を生かし歯ブラシで広場の隅々まできれいにしていくと、通りかかった地元住民から「掃除してくれてありがとう」「自分も参加しようかな」などと声がかかり、広場は穏やかな空気に包まれた。ホワイトニング機器

 

 秋山さんは徳島大歯学部を卒業後、大学病院などの勤務を経て、平成26年にクリニックを開業。見知らぬ土地での経営は苦労も多かったが、地元住民の励ましで続けることができた。その感謝を伝えるため、歯科医として何か街に役立てる方法はないかと試行錯誤し、地域の人と一緒に街をきれいにする「ピカピカ作戦」をひらめいたという。

 

 4月の清掃活動に参加した神戸市中央区の主婦、為金(ためかね)紀子さん(74)は5月中旬、クリニックで秋山さんから歯のクリーニングを受けた。治療を終えた為金さんは「街も歯もすっきりして気持ちがいい」と笑顔を見せた。

 

 秋山さんは「まだ小さな活動だが、清掃メンバーや、活動に共感する周辺の店舗などを増やしていきたい」と意気込んだ。今後も月1回の活動を予定している。問い合わせは同クリニック(電話078・842・1181)。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=100766

突然の事故で前歯が折れてしまったら、周囲や自分は、どう対処すればいいのか。日本歯科医師会の学術課に聞いた。歯面清掃用ハンドピース

 

ーー前歯が欠けたり抜けたりしたとき、まずは牛乳につける、というのは一般的な方法なのですか。ホワイトニング機器

 

教科書への記載、国家試験にも出題されているのでかなり一般的です。

 

基本的な対応として、歯が抜けたり、根元近くから欠けたりした場合は、「歯牙保存液」または「生理食塩水」、「牛乳」に浸漬します。

 

緊急対応としては、最も日常的に身近にあるものとして「牛乳」が良いと思われます。牛乳がないときは、患者の舌下部に静かに置いて、来院してもらいます。

 

歯科的には、「歯牙保存液」(ティースキーパー「ネオ」)が最も推奨されます。小学校や中学校の保健室に常備されているところもあるようです。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=100503

「調整する際に痛みはありますが、最新の装置を使えば軽減できます。矯正治療中はしっかりとセルフケアとクリーニングを行うことも重要です」(坂本先生) 歯面清掃用ハンドピース

 

50歳を過ぎて、親知らずが痛くなりました。抜いたほうがいいですか?ホワイトニング機器

51歳 会社員)

 

「親知らずは1020代で抜くものと思うなら、それは間違い。年齢に関係なく、いつも腫れるような歯であれば抜いたほうがいいです。6070代の健康な人なら抜くことがありますし、4050代でも問題ありません。抜いてしまいましょう」

 

 と遠山先生。例えば、親知らずが歯ぐきの中にすっぽりと埋まっている場合は、無理に抜かなくてもいいそうだが、

 

「少しでも歯ぐきの外に出てきたら、抜いたほうがいい場合もあります。菌だらけの口の中で親知らずが少しでもさらされると、虫歯や歯周病を起こし、炎症や痛みが生じることもあります。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=100473

↑このページのトップヘ