エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

同社は設備投資に積極的で、ここ数年工場の新増設を加速しています。今期2018/9期は、過去最大級に設備投資額が大きくなる計画となっています。設備投資関係で注目されるのは、赤外光市場の拡大を見据えた受発光素子の生産増強投資です。スリーウェイシリンジ

 

赤外光は、食品検査や医療用ガスモニタ、車載向け生体認証や防災検知、産業用レーザ加工など、その用途は広きに渡り、需要拡大が見込まれます。急速な市場拡大が期待される応用分野が、車載LiDARLight Detection And Ranging)。赤外光を用いた先進運転支援システムや自動運転システム向けの物体検知システムで、将来的に需要が拡大すると見込まれています。超音波スケーラー

 

そして、ここからがポイントです。市場拡大が見込まれる赤外光応用市場においては、受発光素子の性能をその用途に合わせて最適化しなければなりません。この点、同社は受光も発光も両方を手掛けることから、用途に合った素子を開発・製造することができます。受光素子と発光素子の両方を手掛けているのは世界に数社しか存在せず、これはかなりの競争力です。

 

同社はこうした強みを活かしながら、複数拠点で化合物半導体素子の製造を行ってきたのですが、最近、市場拡大を見据え生産能力の増強や生産性の向上に注力しています。昨年11月には都田製作所内に43億円を投じた第3棟が完成しました。この新棟では、これまで事業部別に運営していた前工程が共通化され、生産管理やノウハウが共有されることとなり、事業横断的なノウハウ・技術活用が進められました。集約された効果として稼働率や設備投資効率の向上が見込まれます。さら同社は自動化を進めたことから生産効率が一層上がり、全社の生産能力は2インチウエハ換算で月産1,000枚から月産2,000枚に大幅増強されました。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/02/blog-post_47.html

 【ロンドン=共同】英教育誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは6日、今年のアジアの大学ランキングを発表した。日本からは昨年に続いて東大が唯一トップ10入りしたが、順位は一つ下げて8位。100位以内に入った日本の大学は京都大や大阪大など11校で、昨年より1校減った。スリーウェイシリンジ

 

 同誌は日本について、研究への評価や論文引用回数などは向上しているものの、中国などの台頭により東大の8位も今後危ういと指摘している。東大は2013年のランキング発表開始から3年連続首位だったが、1617年は7位だった。超音波スケーラー

 

 ランキングは中東を含むアジアの大学を13指標で評価しており、今年の首位は3年連続でシンガポール国立大。中国の清華大と北京大、香港大、香港科技大、シンガポールの南洋工科大が続き、トップ10の顔ぶれは昨年とほぼ変化がなかった。

 

 日本は京大が順位を三つ上げて11位。大阪大(28位)、東北大(30位)、東京工業大(33位)、名古屋大(35位)、九州大(48位)、北海道大(55位)、東京医科歯科大(60位)、筑波大(63位)、藤田保健衛生大(83位)が100位入りした。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/02/blog-post_15.html

 花粉症の患者が花粉と似た原因物質(アレルゲン)を含む生の果物や野菜を食べると、アレルギー症状が出る「花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)」。最近の研究で、カバノキ科花粉症の患者は豆乳でアレルギーを発症することが分かっているが、子どもの症例報告はまだ少なく、不明な点も多い。県内の実態を探ろうと、愛媛生協病院名誉院長の有田孝司医師(小児科・アレルギー科)が今治市に群生するカバノキ科の樹木オオバヤシャブシに着目し、PFASについて調査を進めている。スリーウェイシリンジ

 

 有田医師は2016年10月、豆乳を用いて作ったホットケーキを食べて全身にじんましんができた松山市の男児(当時7歳)を診察。血液検査で、大豆に含まれるタンパク質「Glym(グリエム)4」に陽性反応が出たほか、カバノキ科のハンノキやリンゴなども陽性と判定された。超音波スケーラー

 

 果物や野菜には、花粉症のアレルゲンと似た分子構造のタンパク質を含むものがある。花粉症の原因となる植物の種類によって、アレルギー症状の出る食品は異なる。グリエム4はカバノキ科花粉と類似した構造のアレルゲンが含まれており、みそや納豆など加熱・発酵した食品を摂取してもアレルギーはほぼ起きないが、加工度の低い豆乳やモヤシでは喉のかゆみや唇の腫れといった症状が現れ、重症化する場合もある。

 

 有田医師は男児のじんましんが豆乳アレルギーで起き、このアレルギーはカバノキ科花粉によるPFASと診断。花粉の感作経路を探ろうと、男児や両親の居住歴を調べた。男児が毎月定期的に訪れるという今治市波方町にある母親の実家に出向いたところ、家の周辺にはオオバヤシャブシが群生していると判明。母方の親類への検査ではPFASの症例が多く見られた。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/02/blog-post_5.html

↑このページのトップヘ