エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 昨年3月、福島県浪江町の避難指示が一部地域を除いて解除された。医療環境の厳しさや物資の不足が指摘される中で400人ほどが帰還した。この数字がまだまだ乗り越えなければならない課題の多さを象徴している。解除後、初めての年越し、そして、年明け。住民は何を感じ、何を望んでいるのか。元日の街を訪ねてみた。スリーウェイシリンジ

 

 昨年3月31日、浪江町は帰還困難区域以外の避難指示が解除された。しかし、町によると、昨年11月現在の居住者は440人。震災前の人口約2万1千人のわずか2%に止まっている。超音波スケーラー

 

 正月といえば、初詣。神社に向かった。しかし、参拝客の気配はなかった。

 

 神社をあとにして、浪江駅近くで、歩いていた女性(80)に出会った。昨年の避難指示解除とともに二本松市の復興公営住宅から戻ったという。

 

 歯科足りず40日待ち

 

 新年を迎えて、どのような年になってもらいたいかを尋ねてみた。

 

 「お医者さんにかかりやすくしてほしい」

 

 とりわけ足りないのは、眼科や歯科。歯科に至っては40日待つこともあるという。日常の生活でも、「食料品は(南相馬市の)原町まで買いに行く」と話し、まだまだ町内の販売網が整っていないことを訴えた。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/01/1991201526.html

 去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していたことが関係者への取材でわかりました。歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器

 

 死亡したのは当時2歳だった山口叶愛ちゃんです。叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。スリーウェイシリンジ

 

 関係者によりますと、異変を訴える両親に対し、男性院長は「よくあることだ」と説明して、何の医療措置もとらず、およそ45分後に両親が自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだということです。叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。

 

 大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査しています。小児歯科医院の院長は「必要な措置はとったと考えている」とコメントしています。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/01/blog-post_92.html

 この100年間で世界は交通や通信の発達ために「狭く」なったとよくいわれる。政治や行政、社会制度、医療福祉、教育などのインフラも整備され、100年前に比べると人類が格段に健康長寿になっているのは間違いない。スリーウェイシリンジ

 

 ただ、国連(UN)は、貧困や飢餓、医療福祉、教育、差別、環境など17項目で持続可能な世界を作ることに向けて活動(※1)しているが、世界には依然としてこうした社会的インフラが整備されず、情報や医療などへのアクセスが遅れている国や地域がたくさんある。また、国や地域の中でも都市と地方とで同じような格差があり、インフラや情報、アクセスに取り残された多くの人たちがいるのも事実だ。超音波スケーラー

 

 健康格差でいえば日本の場合、日本の臨床医師の数はOECD加盟国の平均(加重平均2.8人)を下回っている(2.3人、厚生労働省のHP資料、※5)。医師不足には医学部入学定員の増員などが、また地域(離島や僻地を含む)偏在への対策なども実施されてきた。だが、依然として「西高東低」といわれるように専攻医を含めた医師の偏在は解消されていない。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/01/blog-post_14.html

↑このページのトップヘ