エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 兵庫県明石市が2020年度にも、障害者らを対象とした歯科診療所を、同市立市民病院(同市鷹匠町)の敷地内に移転整備する方針を固めたことが、同市への取材で分かった。現在、医師は非常勤だが、移転を機に常設化を図るとともに、全身麻酔が必要な障害者らに加え、高齢化で増加する認知症患者や重い病気がある患者らにも対応する。同市は18年度当初予算案に、設計費などを盛り込む方針。歯面清掃用ハンドピース

 

 同市は障害者等歯科診療所(同市貴崎1)を、1991年に開設した。現在は同市歯科医師会が指定管理者となり、週2回、予約制で運用。パニックを起こさないよう精神障害者をケアしたり、肢体不自由者用の診察台を設置したり、一般の医院では治療が難しい患者を受け入れてきた。ホワイトニング機器

 

 障害者向け歯科治療施設は神戸や尼崎など兵庫県内に約10カ所ある。明石市などによると、総合病院に隣接し、常勤医がいる施設は全国的にも珍しく、広域から患者を受け入れることになるという。

 

 開設当時は先進的な施設だった設備も老朽化。患者の増加で2~3カ月待ちの状態が続いていることや、全身麻酔の設備がないことなどから再整備を決めた。障害者らの要望を受け、全身麻酔で容体が急変した場合に即応でき、寝たきりでも利用可能な水平の診察台設置などを進める。

 

 年間延べ約1200人の患者を受け入れているが、常勤医の配置や、診察台の増などで、受け入れを拡大。障害者同様に一般の歯科では治療が難しかった、脳卒中をはじめとする合併症患者や多くの薬を併用する高齢者らも受け入れる。市民病院の敷地内に移転することで、不測の事態に備える。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=105697

 西日本豪雨の被災地では13日も復旧作業や行方不明者の捜索が続けられた。岡山県内はこの日、強い日差しが照り付け、昼間の気温は各地で今年最高を記録した。面積の約3割が水没した倉敷市真備町地区では、乾いた汚泥が大量の土ぼこりとなり、暑さとともに作業の妨げに。過酷な環境の中でも被災者たちは「一日も早く元の生活を」と家の片付けなどを進めた。歯面清掃用ハンドピース

 

 「気温が上がると泥の水分が蒸発するから、余計に蒸し暑くなる」と地元住民(75)。浸水した家の中から、水を吸って重くなった畳を1人で運び出していた。畳を置いた庭先はサウナのような状態。額からあごへ汗が流れ落ちていた。

 

 13日の岡山県内は高気圧に覆われ、気温が上昇。最高気温は岡山市34・8度▽高梁市34・6度▽真庭市久世34・3度▽倉敷市32・7度▽新見市32・0度―など、16観測地点のうち14地点で30度を超える真夏日となった。ホワイトニング機器

 

 真備町地区では、あちこちで乾いた砂やほこりが風で巻き上げられ、異臭が鼻をつく。マスクやゴーグル、長袖作業服で“防御”したり、熱中症を防ぐため塩分補給のタブレットを口にしたりしながら作業に当たる人もいた。

 

 自宅で家財道具の運び出しや泥かきに追われていた会社員男性(51)は「疲れはピーク。暑さで能率も落ちる。先のことを考えられなくなる」。疲れを口にしながらも、息子の職場の同僚30人の応援を得て「こんなにも励ましてくれる人がいる。くじけずに頑張るしかない」と気持ちを奮い立たせていた。

 

 倉敷市消防局によると、真備町地区ではこの日、屋外で作業していた高齢女性ら6人が熱中症とみられる症状で救急搬送された。岡山地方気象台は14日の最高気温を南部北部ともに36度と予報。「熱中症の危険が高くなる。水分をこまめに補給するなど対策をとって」と呼び掛けている。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=105665

 モンゴルの大草原の遊牧民は、中世にチンギス・ハーンに征服される前から、何千年にもわたって馬を飼っていた。馬がいつ家畜化されたのかについて正確な時期には諸説あるものの、5000年以上前のユーラシア大陸で馬が家畜となったことに関しては論をまたない。歯面清掃用ハンドピース

 

 ただ、馬の家畜化を示す物的証拠は、紀元前1300700年ごろのモンゴル青銅器時代に作られた「鹿石」や「ヘレクスル」と呼ばれる墓地に残るものが最古だ。この墓地のまわりには、犠牲として捧げられた数十頭、ときには数百頭の馬が埋葬されていた。ホワイトニング機器

 

 テイラー氏のチームは、2015年に鹿石の調査に取りかかった。同氏は、「歯を通して、馬による移動を調べたかったのです」と述べている。2016年には、骨や歯の摩耗の仕方から、鹿石に埋葬された馬には実際に騎乗用の馬具がつけられていたことを発表した。しかし、テイラー氏のチームは、人が直接関わっていた別の証拠にも気付く。

 

 今回の論文によると、青銅器時代の若い馬から、横向きになった門歯の一部が切り取られていた例が二つ見つかっている。最古のものは、ウグームルという遺跡から見つかった紀元前1150年ごろのもので、世界最古の動物の歯科施術の証拠だという。

http://www.musublog.jp/blog/oeney/?entry_id=105539

↑このページのトップヘ