エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 妊婦だけでなくパートナーも対象にした歯科健診を、川崎市歯科医師会(山内典明会長)が10月から開始する。市の委託事業で、健診を機に食生活や生活習慣など、若年層の健康意識を高めるのが目的だ。スリーウェイシリンジ

 

 女性は妊娠すると、急激なホルモンバランスの変化やつわりにより、歯周病や歯肉炎にかかりやすくなる。また、歯周病は早産や低体重児出産のリスクを高めると言われている。「歯っぴーファミリー健診」と題したこの事業は、家族やパートナー、生まれてくる命の健康を妊娠期に考えてもらうのが狙い。健診や前歯のクリーニングに加え、栄養バランスを考えた食生活や、禁煙など生活習慣改善による20代から30代の健康づくりにつなげていく。超音波スケーラー

 

 過去に市内で実施した健康意識実態調査によると、20歳から30歳代の男女ともに、「毎日朝食を食べる人」や「1年以上運動を続けている人」の割合が全体に比べて低く、健康に対する関心の低さが伺えた。これを受け、市は若い世代の健康づくりを課題に、歯科健診の対象を妊婦とそのパートナーに拡大した。

 

 市担当者は「政令市の中でも、パートナーまで歯科健診を受診できるのは珍しい」と話している。

 

 受診券は区役所窓口で母子健康手帳と共に発行される。費用は3715円のうち500円(1人分)を個人負担する。生活保護受給世帯や市民税非課税世帯は無料。山内会長は「歯科医師会の手で、市民の健康に対する意識づくりを積極的に進めていきたい」と話している。

 

 詳細は市のウェブサイトに掲載。歯科健診に関する問い合わせはサンキューコールかわさき【電話】0442003939。

http://jimolog.jp/393877/27417

201796日(水)に都内でリステリン主催のセミナー『“2575”歯磨きだけでは足りないオーラルケアセミナー 歯と女性の体の関係について知ろう』が開催され、都内にある歯科医院 DENTAL TANIZAWAの院長 谷澤綾乃さんが、オーラルケアについて教えてくださいました。スリーウェイシリンジ

 

突然ですが、皆さんは自分の歯の数を知っていますか? 最近、歯医者に行ったのはいつですか?

 

自分の口の中のことを知らない人は、意外と多いのではないでしょうか。日本人は先進国の中でもオーラルケアへの関心度がとても低いといわれています。超音波スケーラー

 

オーラルケアの意識が高いスウェーデンと比べてみると、その差は歴然。

歯科定期検診受診率※1がスウェーデンは80%なのに対し、日本はなんと16%。そして恐ろしいことに、80歳で残っている歯の数※2がスウェーデンが25本なのに対して、日本はたったの9.8本なのです。

 

そこで今回は、虫歯や歯周病などとサヨナラし、口内環境を改善して、健康で美しい歯を保つために大切なことをご紹介します。

http://jimolog.jp/393877/27415

全国の歯科医療機関の半数近くが、ハンドピースと呼ばれる歯を削る医療機器を患者ごとに交換せず、使い回している可能性があると厚生労働省が発表したのだ。口内に入れるハンドピースを使い回せば、当然、ウイルスや細菌が他の患者に感染する恐れがある。スリーウェイシリンジ

 

「これも突き詰めれば、赤字体質から抜け出せない歯科医院が多く、ハンドピースを毎回、交換滅菌するだけの経済的余裕がないという問題に行き着きます。経営が安定しない歯科医院が増えている今、歯科医の良心が試されているように思います」(前出同)超音波スケーラー

 

歯科医療に対する信頼が揺らぐ中、埼玉県富士見市にある『医療法人満月会 大月デンタルケア』の取り組みに注目が集まっている。2日間、みっちり取材をさせてもらって感じたのは「こんな歯医者が近所にある富士見市民が羨ましい」ということだった。

http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000539031.html

↑このページのトップヘ