エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 部活動などで本格的にスポーツに取り組む女子には、生理不順や骨密度の低下といった問題を抱える人が少なくない。こうした症状は、運動量に見合った食事が取れていないことによるエネルギー不足が原因となっているケースが多い。栄養バランスの取れた食事をしっかり取ることを十分に意識したい。 (今川綾音)

 

 「どれだけ練習しても食事の質が悪かったり、量が足りなかったりしたら、エネルギーが不足するなどして力がつきません」。今春、専修大生田キャンパス(川崎市)で開かれた「女性アスリートコンディショニングセミナー」。新入生を含め同大の女子運動部員約百十人に、講師を務めた大手食品会社、明治の公認スポーツ栄養士・高梨麗さん(42)が、こう呼び掛けた。スリーウェイシリンジ

 

 高梨さんや、同じく講師を務めた立教女学院短大専任講師(スポーツ医学)の中村有紀さん(40)は「エネルギー不足」「月経異常・無月経」「骨粗しょう症・疲労骨折」の関係や、その対策について説明した。この三つの症状は「女性アスリートの三主徴(しゅちょう)」=上図=といわれ、エネルギー不足から負の連鎖が始まりやすい。

 

 「エネルギーが不足すると、初経が遅れる可能性が生じ、さらに初経の遅れに伴って骨を強くする時期が遅れると、骨粗しょう症や疲労骨折を招き得る」と、高梨さんは話す。これらは中学生から目立ってくるため、小学校高学年くらいからまずはきちんと食事を取ることが対策の第一歩だ。超音波スケーラー

 

 思春期の女子選手は、見た目や競技上の理由から、痩せたいという願望が強かったり、もともと小食だったりしがち。体重が軽い方が有利なイメージが強い陸上の長距離選手、見た目の美しさも要求される新体操や体操、減量が必要なレスリングなどの選手は特にその傾向が強い。

 

 炭水化物を過剰にセーブしがちになるが、体に異常をきたしては元も子もない。骨密度が急上昇し、体が形成される中高生の時期は、栄養バランスが最重要としっかり意識したい。

 

 では、どんな食事が良いだろうか。明治が勧めるのが五大栄養素のそろった「栄養フルコース型」の食事=下図=だ。

 

 中高生や大学生は、コンビニやスーパーで弁当などを買う機会が増えるが、自分でも知識を蓄えてフルコース型を選ぶことが大切だ。ただ、すべてを毎食取るのは難しい。高梨さんは「その日に取れなかった栄養素は翌日に取るなど、厳密に考えすぎず、数日単位でバランスを取ればよい」と話す。

 

 保護者は、食事量や栄養バランスに目を配りたい。「太っているから、記録が伸びないのでは?」などと、プレッシャーを与えるのはご法度。体重管理が必要な場合でも、ミネラルやビタミンは取った上で、低カロリーな和食を選んだり、高タンパク低脂肪にしたりと工夫する。

 

 中村さんは、月経に無頓着な人が多いと指摘し「『生理はない方が楽』ではなく、周期や体調の異変に自ら気付ける知識を持つことが必要」と強調した。

https://athenadental.exblog.jp/26796733/

 糖尿病と歯周病が、相互に深く関わっていることが分かってきた。糖尿病だと歯周病になりやすく、歯周病だと糖尿病が悪化しやすい。そうした悪循環が、いずれの治療をも難しくする。専門家は、一緒に治療に取り組めばより効果が見込めるとして内科と歯科の連携の必要性を指摘している。スリーウェイシリンジ

 

 「歯科の現場では、歯周病治療を続けても、なかなか治らない糖尿病患者がいます」と、歯科医で日本歯科医師会常務理事の高野直久さん。超音波スケーラー

 

 歯茎の出血や腫れや歯のぐらつき、強い口臭などの症状が目立つという。

 

 日本大とライオン歯科衛生研究所が2009年に発表した約2500人が対象の研究結果によると、空腹時血糖値や過去1~2カ月の平均血糖値を反映する「HbA1c」という数値が基準を超えると歯周病が増加し、糖尿病と歯周病が関連していることが示されている。

 

 糖尿病は歯周病をどのように悪化させるのか。高野さんによると、糖尿病では微小な血管が傷んで歯茎の血流が滞るため、歯周組織が壊れると治りにくい。さらに糖尿病では免疫力が低下し、脱水のため唾液も減って歯周病の原因細菌の感染が広がりやすいという。

 

 では、歯周病が糖尿病を悪化させるとはどういうことか。にしだわたる糖尿病内科(松山市)の西田亙院長は「歯周病の慢性的な炎症が悪さをしている」と指摘する。

https://athenadental.exblog.jp/26794300/

私は馬鹿なので、あまり病院に行かない。しかし生意気にも年に1回ぐらいは、腹が痛くなったり熱が出たりして病院にいくことがある。スリーウェイシリンジ

 

だが、滅多に行かないせいで「かかりつけの病院」というものがなく、その都度、ネットで「近い病院」「今開いている病院」を検索、という、ぐるなびで昼飯を決めるかのようなノリで、飛び込み受診をしてしまうのだ。超音波スケーラー

 

そんな一見患者として、さまざまな病院を見てきたわけだが、同じ診療科でも、病院によってかなりの差がある。もちろん、診察する手に相当なビブラートがかかっている、という場合でもなければ、医者の良し悪しなど一見ではわからない。

 

だが「新旧」に関しては、入った瞬間わかる。つまり、同じ病院でも、設備が新しいか、古いか、には相当な差があるのである。

 

「便所まで最新」という病院もあれば、未だに水銀の体温計を出してきたり、血圧を測るのに「シュッシュシュッシュ」したりする病院もあるのである。

 

しかし、「こっちの病院はMRIだが、あっちの病院は実際に患者を輪切りにして調べる」というレベルの差だと困るが、血圧測定が自動だろうが「シュッシュシュッシュ」だろうが、正確に測れているならどっちでもいいし、便所が温水洗浄便座じゃなければ患者の命に関わる、というのは肛門科以外あまりないだろう。

 

今回のテーマも病院にとって「命に直接関わるわけではないが、こっちの方が便利」なものである。

https://athenadental.exblog.jp/26781836/

↑このページのトップヘ