エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

── それでは、9月に発売されたばかりのドルツ新製品をお試しいただきます。普段の歯磨き指導は手で磨くのが前提かと思いますが、「ドルツ」のような電動歯ブラシの使用についてはどうお考えでしょうか。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

嶋田 全然問題ないと思いますよ。やっぱり汚れがよく取れますね。僕は朝と夜には自宅でドルツを使い、昼は院内で手磨きをしています。斜め45度に歯ブラシを当てるバス法の磨き方が分かっていれば、患者さんは自宅でドルツを使うだけで再現できます。逆に、的確な角度でなければ何を使っても意味がないですね。奥歯であれば、磨きにくいところ専用のブラシに替えて磨きます。エアーコンプレッサー

 

── 前歯でも奥歯でも斜め45度なんですね。

 

嶋田 とにかく斜め45度です。

 

── ご自宅でドルツを使うようになったのはいつからですか?

 

嶋田 3年前くらいからですね。それまでは使ったことがなくて、試しに使ってみたらよかったので、今も使っています。極細毛ブラシが使いやすいんですよ。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/09/blog-post_84.html

ビズリーチが今年6月に発表した「正社員職種別年収ランキング2018(提示年収の中央値 ベスト30)」では、1位に「医師」(1400万円)が選出された。2位「プライベートエクイティ」(899万円)、3位「ファンドマネージャー」「財務アドバイザリー」(850万円)と、2位以下を大きく引き離す結果となった。やはり、我々のイメージ通り医師は高給取りなのだろう。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

ただ、どの業界でも稼げる人と稼げない人が存在するように、医師の世界も例外ではなさそうだ。919日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)では、「ナカイの窓×美人医師」と題し、医療現場で活躍している女医が出演。医師のお金事情についてぶっちゃけトークを展開した。(文:石川祐介)

 

「週に1回、他の病院で仕事をして、それで生活できる」

 

番組中、産婦人科医の丸田佳奈さんは「科にもよりますけど全体的に(医師の数は)少ないです。忙しいです」と医師不足のために激務に追われている現状を語る。中居正広さんから「割に合わないですか?」と質問すると、泌尿器科医の友梨香さんは エアーコンプレッサー

 

「私、大学病院(勤務)ですけど、看護師よりもらってないです」

 

と話した。さらに、同じく大学病院に勤めている丸田さんは

 

「私は月曜から土曜まで昼間だけ働いたケースですと、月収20(万円)いかないです」

 

と予想外の月収額を口にする。「結局、大学病院って教育機関だから、学ばせてもらってるので、給料が出てるだけマシなんですよね」と一般的な病院とは根底が違うため、給与が低くなると説明。

 

さらに、丸田さんは「上司も鬼じゃないので、ちゃんと生活の事も考えてくれる。例えば、週に1回、外の病院に行って、その分の給料は自分に入る。それで生活できる」と他の病院で副業しながら生活できるだけの給与を稼いでいるという。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/09/blog-post_71.html

オーストラリア・タスマニア出身の女性コメディアン、ハナー・ガッズビーさんのスタンダップコメディ(西洋漫談)を記録したドキュメンタリー「ナネッテ」がネットフリックスで公開され、海外では大きな話題を呼んでいます。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

ハナーさんはレズビアン。タスマニアではかつて同性愛は禁じられていました。ハナーさんは大好きな家族にも自分の性的指向を打ち明けることができず、ずっと苦しんできました。同性愛者を嫌う男にいきなり殴られたこともあります。エアーコンプレッサー

 

ハナーさんはコメディアンとして笑いを取りながら、自分の体験と葛藤をカムアウトしていきます。ファロクラシー(男根統治=男性が支配する社会)の中で築かれてきた芸術論、文化論に異を唱えます。

 

ハナーさんのパフォーマンスを視聴して心が激しく揺さぶられました。そして情報発信に携わる末端の1人として、こうした作品がカネになる時代になったことに未来への大きな可能性を感じました。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/09/blog-post_57.html

↑このページのトップヘ