エアモーターセットなどの各種歯科器材紹介

最新エアモーターセットなどの各種歯科器材、技工商品の情報紹介

 自身が治療を受けるなら、どんな歯科医院に行きたいか――。同院は、患者目線の「よろずや歯医者」として地域に根差している。スリーウェイシリンジ

 

 患者目線の治療方針は、「第二の永久歯」とも言われるインプラント治療にも、もちろん生かされている。超音波スケーラー

 

 「インプラント治療は高度な技術を要するものなので、患者様としては、ドクターの経験や知識の度合いはもちろん気になる点。さらに、手術は?治療費は?アフターフォローは?などの疑問や不安も多いはず。ですから、できる限り丁寧に説明し、納得していただいた上で治療に移行したいですね」と鈴木院長は話す。

 

 院長がこれまでに手がけたインプラント埋入実績(1994年現在)は5700本超。同院では歯科用CT、治療室とは別のインプラント専用オペ室(クリーンルーム)も設置。万が一に備え、インプラント10年間保証も導入する。

 

 近くの大倉山梅園にちなみ、院内は梅の花に通じるピンクを多用している。

http://teeths.asukablog.net/未選択/荒れてしまった唇への対処法

Formlabsは、歯列矯正装置の歯列矯正器具に使用するデスクトップ3Dプリント用の長期使用向け生体適合性レジン「Dental LT Clear」および、サージカルガイドのプリント時間を最大50%短縮した「Dental SG」を発表した。 超音波スケーラー用チップ

 

Dental LT Clear」は、Formlabs独自の樹脂。単体でスプリントおよびリテイナーを50分未満で出力でき、最大7つのスプリントを2時間以内に出力することができる。同社の提供するソフトウェアPreFormの最新版では、「Dental SG」を用いてForm 2で出力する速度も向上。単一のサージカルガイドプリントでは最大50%、フルビルドでは最大20%、速度が向上しているという。 歯科研磨機

 

Formlabs歯科医療用製品担当部長であるギデオンバロック(Gideon Balloch)は次のように述べている。「私たちは、3Dプリントが歯科医療の標準的な治療のひとつとして、こんなにも早く受け入れられたことを非常に嬉しく思います。FormlabsForm 2を用いたサージカルガイドは、5万件以上の治療で利用されています。しかしこれは、歯科医療に従事するForm 2ユーザーのすべて利用における10%にしかすぎません。Dental LT Clearは、さらにもうひとつのデジタルワークフローをライブラリに追加し、より効率的かつ正確で、手頃な価格での生産方法を歯科専門家に提供します。これにより、臨床成果を向上し、患者の治療時間を短縮できます。この成長は今後も継続すると確信しています。」

 

なお、同製品の日本国内における展開は未定となっている。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18260277.html

 松風は虫歯治療などで削った歯を修復するための新たな樹脂材料を開発し、21日に発売する。従来製品と比べて15倍の硬さと曲げに対する強さを持つといい、初年度5千万円の売り上げを目指す。スリーウェイシリンジ

 

 コンピューターを利用して設計、製造するCAD/CAMシステム向けの材料。かみ合わせたときの硬さや曲げに対する強さを高める一方、歯の形に削り出す工具に対する負荷は従来製品と同等レベルに抑えた。超音波スケーラー

 

 CAD/CAMシステムは歯科業界で普及し始めている。同社は2013年から同システム用材料の市場に参入し、15年のシェアは248%でトップクラスを誇る。強度を強めた材料をシリーズに追加することで、さらなるシェア拡大を目指す。

http://athena.osakazine.net/e657529.html

↑このページのトップヘ